2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティバン オーバーヒート

純ちゃんです。

昨日は母の携帯電話が壊れてしまい、
清原テクノ店に閉まる間際に行って新品交換してもらいました。(*^^)v

まだ新しい携帯だったのと・・・明らかに故障がわかったことで、すぐに交換してくれたよ。
らくらくホーンだったけど、開け閉めすると電源が落ちてしまう
完璧、不良品
前から言われていたのだが、あいまいに受け止めていた娘でした(笑)←純ちゃん

こちら・・・     201001261709000.jpg

お客さんちの
めっちゃ人懐こくてかわいいのだ






ホンダのアクティバン・・・

オーバーヒートで入庫してきましたが、
水漏れはどうやらなさそう・・・
関係するところを確認してみましたが異常が見られず、
考えられるのは、ヘッドガスケット。

お客さんに見積りをして作業をしました。

ホンダのアクティってエンジンが荷室のほうにあって、
ラジエータは前についている。
非常に冷却水のエア抜きがしづらい

数日お預かりして、エア抜きを完璧にし引き渡しました。

が、
お客さんから1時間走行すると冷却水の嫌な臭いがする・・・とのこと。
エンジンチェックランプは付かないが、またオーバーヒート気味???

再度、預かることにしました。
そのときお客さんがご親戚の方に
ヘッドの表面研磨ってしてもらったか?確認したほうがいいといわれたとのこと。

今回は通常作業でヘッドの加工は行わなかった。

ヘッドやエンジンなどを加工する会社に訪ねてみると・・・
アクティバンは表面加工を施すことが多いですって・・

なぜか?と
言うと・・・
ヘッドガスケットが以前のものや他社製品とちがって、
ガスケット自体が鉄のプレート素材なのでしっかり隙間もなく密閉しない限り
またオーバーヒートしてしまうらしい。

DSCF2331.jpg         DSCF2326.jpg



2度手間ですが、現在直っていないので再度エンジンを開けることにしました。

現在、作業中ですが・・
表面研磨した前と後の写真です。


DSCF2314.jpg         DSCF2322.jpg

たしかにこの手のアクティってヘッドガスケットがモトでオーバーヒートしてしまい、
何度かヘッドガスケット交換やらせてもらったけど・・・
あまりに多いので
ホンダのディーラーに相談したときはそんな話でなかったなぁ~








スポンサーサイト

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

コメント

実はこの事象はホンダのリコール隠しなんです。(たぶん)

エア抜きをそれなりに十分に行っても、ガスケットのコーティングがダメージを
受ける構造になっています。
①冷却水回路のスロットルボディを温める回路がヘッド上部から取り出されており、
  エンジンへ戻るので、空気は循環し続ける可能性がある。
②冬場はサーモスタットが開かないので運よくエンジンから出たエアもヒーターコア
  を通ってエンジンへ戻ってしまう。
では残ったエアはどこに溜まりやすいか?前傾しているエンジンなのでインテーク
側のヘッドガスケット周辺です。
このままアイドルリングし続けると空焚き・・・
(回転数が低いのでエアを流しきれない)
ガンガン走った後アイドリングやエンジン停止すると、熱いのに水がない・・・

その他の多くの方がインテーク側で抜けているという情報を上げているので
間違いないと思います。
タイミングベルト交換後に起こりやすいのもこの理由で説明できます。
何もしていない車でも起こるのは工場で100%注水することができないためです。
ヘッドガスケットのシール性能は一度でも過高温になると耐久性が落ちますし。

ホンダが隠していると思ったのは、最近のモデルから水の取り出し口がアウトレット
の下側に変更されています。車体下の鉄配管も変更されています。
アクティ系、バモス系と台数が多いのでリコール費用が多額になるために
公表していないんでしょうね。

ちなみに私は注水後、エンジン回転を4000回転程度まで一瞬だけ上げては
ブリージングからエア抜きする作業をサーモスタットが開くまで行います。
何時間もかかりますが、このおかげで作業後にガスケット抜けが起こったことは
ありません。

面白い情報がありました

http://takeshi-kun.seesaa.net/article/193251345.html

まずは増し締めでしょ

11年12万キロアクティです。
ヒーターコアから水の流れる音がしてラジエターサブタンクに吹き戻し、アッパータンクは空。ということでガスケットから微小圧縮漏れと判断。ネットで調べるとガスケットに見た目異常なしの情報多数。オイルリークもないので初期のエアリーク、締め付けトルク不足と判断。それにアルミエンジンなので、旧車メンテ定番の ヘッドボルト増し締めしました。インテーク側が結構ゆるかったです。ハーネス類どけて、ヘッドカバー外してボルト8本増し締め、小一時間の作業で完治。デラ10万~、町工場5万~、DIYなら0円です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://junchanreport.blog101.fc2.com/tb.php/462-4601b76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

吉永自動車ホームページ

プロフィール

純ちゃん

Author:純ちゃん
純ちゃんの気まぐれレポートにようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。